TOP

支援(かんぱ)のお願い 屋外で寝ていた日本人保護

2017年9月23日夜

日本語堪能 カンボジア若者たちからのお願いメッセージが当方に。
日本人が3晩連続、屋外で寝ている、救済してほしい。
直ぐに言われた場所にスタッフと直行、見つけられず。


2017年9月24日朝

当方カンボジアスタッフが、休日返上でチラシ作成とフェイスブックで情報収集
カンボジア在住ニュースにも掲載されていた 素晴らしい編集者


2017年9月24日昼

屋外の空家前ソファーで寝ていた日本人男性発見、保護
カンボジアスタッフが食事等手厚くおもてなし
自分たちの布団・枕・バスタオルを差し出し、日本人男性床に就く
カンボジア人の他人に対しする優しさ カンボジアありえへん∞

カンボジア人は、数学・仕事出来ないと罵倒されている日本人もいますが、
寛大な心と奉仕の心は、現代の日本人以上と痛感された。

お礼に後日、カンボジア人とケップへ、蟹食べ放題(笑)


2017年10月3日朝

1週間当方にて滞在し、元気になられたので、初めて事情を聞く
61歳・元日本語教師(2017年5月契約満了)・在住暦11年・宿泊していたゲストハウスがお盆休みのため、屋外で寝ていたとのこと
日本人男性の教え子たちが、かんぱを募り、支援を受けていたそうです。カンボジア若者の志に感謝と感激
当方にお願い時、支援していたと一言も言われなかった、素晴らしいカンボジア若者たち

 当方カンボジアスタッフ曰く、困っている人助けることは、カンボジアでは普通ですよ 感無量


2017年10月3日昼

日本大使館領事班と共に今後について話し合い
領事の方は、親身に相談にのって頂き、日本帰国へ向けて手続き


2017年10月3日夕方

時間外に領事の方から途中経過報告有 さすが日本の外務省


支援(かんぱ)のお願い

*お前が保護した、お前が払え!領事が払え!という方は、スルーしてください。
領事により帰国手続きしておりますが、直ぐに出国出来ないそうです。(カンボジア政府に申請が必要とのこと)

日本人男性は、お金がなく、帰国までの生活費用+健康診断費用等、
必要なため、支援(かんぱ)をお願いいたします。
支援(かんぱ)方法 カンボジア国内のみ対応

 

 

wingでの送金 070702580

送金後、お電話にてwing送金番号をお知らせください。

万が一、必要以上にかんぱ金が集まった場合は、
①日本人男性を支援していたカンボジア若者たちへ
②当方提携孤児院へ
ご理解とご了承ください。

応援クリックよろしくお願い申し上げます。にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

チェックを入れてください スパム対策
  


 

Leave a Reply

Your email is never published nor shared.

You may use these HTML tags and attributes:<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *